アグアガイアとはAbout

アグアガイアとは

充填された6種のマテリアルに、原水を直接通水させることで、長期安定的な特性をもつ処理水に「水を改質」する装置。

水の改質とは

水は不変。これが従来の常識でした。身近なようで、実は遠い水。
近年、水に関する研究が進み、少しずつ水の姿が露わになってきています。
弊社は、長年にわたり、水の性質をかえる技術の開発に取り組んでまいりました。
そこで得た「水の改質」技術。水は化学式をかえずして、性質をかえることができます。
これまでの時代は、水にケミカルを用いることで課題を解決していました。
水への理解を省みる今、「水の改質」があらゆる課題解決のキーワードです。

アグアガイアの特性

  • クラスターが小さくなる

    処理後、クラスターを構成する水分子の数が減少します。
    浸透性、溶解性が高い水となります。

  • 粘性の低下

    原水に比べ、0.025cP程度の粘性が低下します。
    洗浄性の高い水となります。

  • 表面張力の増大

    原水に比べ、0.4mN/mほど表面張力が増大します。

  • ORPの低下

    原水に比べ、100mV以上のORP(酸化還元電位)値が低下します。
    酸化を抑制する水となります。

  • 有機物の除去

    浄化部濾材の物理・化学吸着によって、有機物が除去されます。
    緑藻類や菌類の抑制、臭気の抑制、残留塩素による肌への刺激を軽減します。

  • 溶存酸素量の増加

    原水に比べ、1割ほど溶存酸素量が増加します。
    動植物にも良い水になります。

  • pHが変化しない

    アルカリイオン水のように、pHを変えて特性を変えるものと異なり、pHを変えずに様々な特性が付与されます。

  • 特性を長期間保つ

    処理後、1年間以上(※ポリ缶に入れて保存した場合)特性が持続します。
    そのため、補給水系に1台の設置で、様々な用途に使用できます。

アグアガイアで水はこう変わる

PAGETOP